最近ではクレジットカードが浸透してきているとはいえ、完全に現金なしで生活するのは難しいですよね。
給料日前は皆、財布の中身が寂しいです。生活費のために借りる方がほとんどですが、他には「コンパの予定が入った」「飲み会がある」「明日遊びに行くのに」「デートなのに」という時には少額5万円程度のお金を借りたくなるものです。

そんな時に頼れるのはカードローンですが、借金をする事に抵抗がある人も多いのではないでしょうか。
5万円程度の少額のお金を借りたい時に他の人はどうしているのか、少額借入にベストな借入方法と共に解説します。

5万円借りたいのはあなただけではない!カードローン利用の意識調査を確認

カードローンの意識調査をネット銀行カードローンが行っています。このデータはカードローン利用をどのような人が行っているのかわかるようになっており、貴重なデータです。
カードローンの利用実態について見ていきましょう。

カードローンの平均借入額は6割以上が10万円未満!少額借入が中心

カードローン利用の意識調査によると、利用者の平均借入額は、『6割以上が10万円未満』となっています。

50万円未満にすると、約9割までこの数字は跳ね上がりますから、カードローンを利用する人のほとんどが少額借入を利用しているといった裏付けデータと言えるでしょう。

他の人も少額借入を行っているのですから、「こんな少額だとカードローン業者に迷惑かな」「我慢すれば何とかなるかな」など遠慮する必要はありません。

5万円の利用目的のほとんどが娯楽・交際費と生活費

他の人がいくら借りているかの次に気になるのが、借入の目的です。
アンケートの調査結果では、借入の目的で第1位になっているのが娯楽・交際費で、第2位が生活費になります。

『遊びでお金を借りるなんて怒られるかな』と不安を感じる必要もありません。
他の人も娯楽・交際費に使うお金を借りています。

カードローンのいいところは、使用目的についてとやかく言わない事ですので、遠慮せず使いたいように使いましょう。

収入が高い層の借入が多い

『カードローンを利用するなんて、お金に困っていそうで何だかみすぼらしい』と思っていませんか?

実はカードローンを利用している層は、全体の平均が28%なのに対して、世帯年収が800万円以上1000万円未満の層は32.0%、世帯年収が1000万円以上の層は30.0%と年収が高い層の方が借りている傾向があるのです。

逆に世帯年収が400万円未満の層のカードローン利用者は23.0%と、どの層の中でも一番低くなっています。

これは、収入が多い世帯の方が交友関係、教育、趣味で使うお金が多くなるため、足りない部分をカードローンで補給している為と思われます。
収入が高い層もカードローンに頼っていますので、不安がらずに利用しましょう。

5万円程度の少額借入を行う時の審査の流れ

3万円でも5万円でも少額借入を行う時の審査も、普通の審査と大きく差はありません。
申し込む金融機関によって違いがありますが、大手の消費者金融の審査では、

STEP1 スマホやパソコンから申し込む
STEP2 申込内容を点数化し、仮審査を行う
STEP3 合否の連絡が来る
STEP4 契約を行い、本人確認書類を写真画像にして、送信
STEP5 勤務先の在籍確認や信用情報機関のチェック
STEP6 問題が無ければ審査完了

と言った流れになります。
審査に通った後はキャッシングカードを受け取りATMから融資金を引き出す、会員ページから振込み融資依頼をかけてお金を引き出す事が可能です。

審査が早い大手消費者金融なら審査にかかる時間は30分、お金を手にできるまで平均1時間程度になっています。
銀行カードローンは時間がかかりますので、すぐにお金を借りたい人は消費者金融を利用するといいでしょう。

5万円の少額借入でお勧めのカードローン

少額借入をしたいけれども、カードローン業者は多数あり、カードローンに関する情報も氾濫してどれを選択すればいいのかわからない人もいるでしょう。

少額借入をする場合、見た目の金利よりも無利息期間がついている消費者金融の方が使いやすかったりします。
少額借入を行う時に便利でお薦めのカードローンを紹介します。

5万円までの無利息期間が長いレイクアルサ

最初にご紹介するのはレイクアルサです。
レイクアルサは新生銀行グループの消費者金融で、
◆初回利用者に対して30日間の無利息期間か5万円まで180日間の無利息期間を選択できる
◆コンビニATMが無料など、諸費用がかからない
◆審査をAIが行うなど、借入までのスピードが速い
といった特徴が挙げられます。

2018年に誕生したばかりの消費者金融ですが、サービス面ではトップクラスの実力を持つ消費者金融です。
初回利用者に対し、180日間の無利息期間(5万円まで)のサービスを提供しているのはレイクアルサだけになります。
少額借入を行う際に最もリーズナブルにお金を借りる事が出来るでしょう。

使い過ぎが防止できるアイフル SuLaLi

女性で少額借入をしたい方にお勧めしたいのが、アイフルから提供されている女性向けカードローンSuLaLiです。

このカードローンの特徴は、通常のカードローンと同じサービスを受けながら、限度額は10万円までの少額しか設定できない所にあります。

『意志が弱いので借りられるだけ借りてしまいそう』『知らない間に借金が膨らんでそうで怖い』と言う人は、あらかじめ限度額が抑えられたアイフルのSuLaLiのほうが安心して利用できるでしょう。

アイフルの普通のキャッシングローンサービスと同じで、SuLaLiにも初回利用者に対して30日間の無利息期間サービスがついています。

アコム、プロミスも無利息期間付き

続いてお薦めしたいのが、アコム、プロミスなどの大手消費者金融2社です。

この2社の特徴は、
◆消費者金融の老舗なのでサービスが洗練されている
◆どちらも30日間の無利息期間がついている
◆アコムではクレジットカード機能付きのアコムマスターカードを発行できる
◆プロミスはスマホローンに対応しているなど、最先端のサービスを導入している
と言う点が挙げられます。

どちらも使い勝手がいいカードローンですので、満足度の高い借入が期待できるでしょう。

5万円程度の少額借入の場合、金利は余り気にしなくていい?

カードローンキャッシングをする時、どうしても最初に目が行ってしまうのは金利になると思います。
実は少額借入の場合、表面金利については気にする必要はありません。
というのも、借入額10万円、2年間の元利均等返済、金利18%と10%を比べた場合の支払コストの差は、

◆18%の場合、19,818円
◆10%の場合、10,748円
でその差は9千円程度、1か月に直すと377円しか変わらないからです。

カードローンは繰り上げ返済が可能ですから、実際には2年もかからず数か月程度で返済する事が可能でしょう。
その場合、支払コストの差はさらに少なくなるので、それよりもサービスや審査の簡単さで選ぶようにしてください。
無利息期間サービスを利用すれば、更にコストを節約する事が出来ます。

5万円をすぐに借りたいときの借入方法

5万円の借入を行いたいと思う方は、同時に『お金を急いで借りたい』という状況の人も多いかと思います。
借入を急ぐ時の覚えておきたい借入方法を解説します。

キャッシングカードを自動契約機で作り借りる

『今日中にお金が欲しい』『明日にはお金が欲しい』と言う人が考えなければいけないのが、『どのようにして融資金を受け渡すか』です。
消費者金融や金融機関の店舗に行き、直接融資を貰ってもいいですが、営業時間の制限がありますし、何より面倒くさくなりますよね。

かといって、キャッシングの審査に通っても、キャッシングカードが発行されて郵送で届くのを待っていたら、どうしても数日以上の日数が経ってしまいます。

そこで審査が終わった後に、自動契約機でキャッシングカードを発行して貰いましょう。
発行の方法は、消費者金融によって違いがありますので、確認してから申し込みを行うといいでしょう。

スマホアプリを利用する

大手消費者金融は、スマホアプリをキャッシングカードの代わりとして、セブン銀行ATMを操作する事が出来る『アプリローン』といったサービスを行っているところがあります。

上述で紹介した消費者金融の中でレイクアルサ、プロミス、アイフルはスマホローンサービスを導入しており、スムーズな借入が可能です。
急ぎの融資の際には欠かせないサービスですので、借入の際に消費者金融を選択する判断の一つにしましょう。

休日・祝日に注意

お金を借りる時に気を付けたいのが、『休日・祝日で融資を受ける事が出来るか』です。

大手消費者金融は休日・祝日に対応していますが、銀行が休業日だと振込み融資で着金が確認できるのが休み明けになったりするなど、色々と不便をこうむります。

休日・祝日に借入をしたい時は、契約した後のお金の受け取り方にも注意してください。

少額借入をしたい時、見直してみよう

少額借入をしたい、けれどもキャッシングは何だか怖いしできればしたくないという事はあると思います。
最後に少額借入を消費者金融などに頼らず、行う方法を紹介します。

クレジットカードにキャッシング枠があれば時間に制限を受けずに借りる事が出来る

クレジットカードを持っている人は、キャッシング枠がついていないか見直してみましょう。
クレジットカードには申し込みの際に、特に希望していなくてもキャッシング枠が設定されていることがあります。

キャッシング枠が設定されていれば、銀行ATMや会員ページにログインして、お金を借りる事が可能です。
既に審査に受かっている状態ですので、土日・祝日だけでなく、深夜でもお金を借りる事が可能で、最も時間に融通が利く借入方法です。

売れる物品を持っている人は質屋と言う手も

ブランドバックや時計、ゲーム機などある程度の価格で売れる物品を持っている人は質屋に持ち込んで買い取ってもらう方法もあります。

質屋は楽器や電化製品など、様々な商品を買い取ってくれますので簡単にお金を手に入れる事が可能です。

質屋には『質入れ』といい、物品を担保にお金を貸してくれる制度もあります。
物品を手放したくないときは、質入れでお金を調達してもいいでしょう。

ただし、質入れは利息が消費者金融に比べてかなり高くなる点に注意が必要です。