クレジットカードのリボ払い、近年は使いやすさもあって多くの人が利用しすぎてしまい、社会問題として取り上げられる機会も多くなっています。

増えすぎてしまったクレジットカードのショッピング・リボ払いを完済するためには戦略が大切です。
クレジットカードのショッピング・リボ払いを完済するための戦略についてお教えします。

クレジットカードのショッピング・リボ払いを学ぼう

戦略とは戦いに勝つために長期的、大局的に策を考え実行することの手段を言います。

完済をしたいからといって、『とにかく頑張る!』というのは無策で、計画に無理が出たり、毎月の支払が足りなくなったりして再びショッピング・リボ払いを行ってしまうなど無限ループにはまってしまう事態に陥りかねません。

クレジットカードのショッピング・リボ払いを完済するためには、ショッピング・リボ払いを学びキチンと理解することから始めましょう。

クレジットカードの限度額と使用額は?

最初に確認したいのはショッピング・リボ払いの限度額といくら使っているのかです。

クレジットカードには、

  • ショッピング可能額(限度額)
  • その内の割賦限度額とキャッシング可能額

にわかれています。

例えば、
ショッピング限度額 80万円
その内、割賦限度額 80万円
その内、キャッシング限度額 50万円

クレジットカード契約になっているなら、ショッピングとリボ払いは80万円まで利用することができます。
キャッシング限度額は50万円ですから、未使用の状態でも50万円までしか利用できません。

それぞれの限度額を今いくら使っているかは、スマホで会員ページにログインする、コールセンターに確認するなどの方法で確認できます。
利用している金額をきちんと把握し、どの程度の返済を行っていくのかを考える事が、返済計画を立てる上で重要です。

リボ払いの手数料は?

クレジットカードのショッピング・リボ払いで注意したいのが手数料です。

ショッピング・リボ払いで手数料がどの位かかっているのか、よくわかっていない人が多くいますが、ショッピング・リボ払いの手数料は14.5%が主流で、これはサラ金と同じ水準の高金利です。

具体的に月利に直し計算すると、

14.5%÷12ヶ月=約1.2%

50万円のリボ残高がある場合は、50万円×1.2%=6千円もの手数料が発生する計算となります。
1回払いでは金利手数料はかかりませんので、早めの完済を目指しましょう。

クレジットカードのショッピング・リボ払いの返済ルール

あなたは自身のクレジットカードの「ショッピング・リボ払いのルール」をキチンと把握できていますか?

リボ払いの返済ルールを理解せずにリボ払いを使う事は、翌月の返済額がいくらになるのかわからない非常に危険な行為です。

ショッピング・リボ払いの返済ルールを勉強しましょう。

三井住友カードのショッピング・リボ払いの返済ルールと支払いイメージ

リボ払いを世に広めた先駆者である三井住友カードの定款に書かれているショッピング・リボ払いの返済ルールを例として解説してみましょう。

三井住友カードの返済額

毎月の締切日時点での残高 長期コース 標準コース 短期コース
10万円以下 5千円 1万円 2万円
10万円を超えて20万円まで 1万円 2万円 4万円
以後残高10万円増加毎に 5千円増加 1万円増加 2万円増加

※低額コースは2万円

この表から、三井住友カードのショッピング・リボ払いは、

  • 長期・標準・短期と定額コースの4つに分かれている
  • 短期コースが一番返済額は多く、完済までが早い
  • 長期コースは毎月の返済負担は少ないが、完済まで長く手数料が多く発生する

例:50万円のショッピング・リボ残高(手数料率14.5%)になった場合

  • 長期コースだと月々の支払額は25,000円、支払期間は24か月、発生手数料総額は約7.6万円
  • 短期コースだと月々の支払額は10万円、支払期間は6か月、発生手数料総額は約1.9万円

といった返済ルールと支払いイメージになるとわかります。

長期コースでも複数社から借りると支払いが厳しい

上述の例で、長期コースなら月々余裕がある返済をすることは出来ますが、それでも毎月の支払額は25,000円にもなります。

クレジットカード会社は同じようなルールで運営していますので、3枚のクレジットカードでショッピング・リボ残高を50万円ずつ使っているような状態ですと、毎月の支払額は25,000×3=75,000円といった高額になるわけです。

年収300万円時代と言われる時代、手取りの収入は月あたり20万円位ですから、75,000円も返済すると殆どお金が残りません。

返済できないからといって滞納をしてしまうと、

  • 金融ブラックに登録されてしまう
  • 信用情報機関に記録が残り、長期的にローンが組めなく不便を強いられる

という後戻りできない事態に陥ってしまいます。
その様な事態に陥らないようにするには、完済のため資金繰りには常に余裕を持つことが大切です。

クレジットカード ショッピング・リボ払い完済の為の戦略

クレジットカードの返済が厳しい状態に陥ったのであれば、出来る限り『無理をせず』、『効率よく』返済していきましょう。

ショッピング・リボ払い完済の為に有効なのは「銀行カードローンの借り換え」です。

銀行カードローンへの借り換えで、毎月の返済額を少なくする

クレジットカードのショッピング・リボ払いと銀行カードローン、何が違うのかと言うと返済期間が変わってきます。

クレジットカードの場合、業界の監督団体である日本クレジットカード協会によって、リボ払い・分割払いの最長年月が決められており、そのため上述の例の様に最長でも2年程度で完済するように毎月の最低返済額が定められています。

一方で、銀行カードローンにはその様な法律、縛りが無く、元々銀行は長期融資を行う機関である事から、長期返済での融資が可能です。
返済期間を長くすれば、その分月々の元金返済額が減るので支払いは楽になります。

カードローンへの借り換えで、発生する金利手数料を節約する

銀行カードローンでは限度額を大きくすればするほど、金利が下がる仕組みをとっている銀行が多くなっています。

金利のリーズナブルな銀行カードローンでまとまった借り入れを行い、ショッピング・リボ払いを完済すれば、今までクレジットカード会社に支払っていた手数料を節約する事が出来るのです。

手数料を節約する事が出来れば、同じ金額を返済していても月々の元金返済は多くなり、完済まで早く楽になっていきます。

借り換えに向いているカードローンは?

クレジットカードのリボ払い、何処の銀行カードローンにするかも重要です。
借り換えに向いている銀行カードローンについて紹介します。

クレジットカードのリボ払いの借り換えに最適な銀行カードローンは楽天銀行スーパーローン!

クレジットカードのリボ払いの借り換えに向いている銀行カードローンは『楽天銀行スーパーローン』になります。

ネット銀行のカードローンで、銀行カードローンの中でも圧倒的に高いシェアを持つのが楽天銀行スーパーローンです。

なぜ、楽天銀行スーパーローンが向いているのか

楽天銀行スーパーローンが何故クレジットカードの借り換えで有効かというと、

  1. クレジットカードの借り換えに対応している
  2. 最低返済額が少ない
  3. 楽天ポイントが貯まる、金利半額キャンペーンを行うなどサービスが多い

といった点が有効だからです。

クレジットカードのリボ払いで返済が滞っている人は、借りすぎの状態に近く、審査ハードルが低くないと審査に通りません。

楽天銀行スーパーローンは審査ハードルが銀行カードローンの中で低く、最低返済額も業界最低水準になっていますから、余裕を持った返済が可能です。

楽天ポイントが貯まる、金利半額キャンペーンを行うなどサービスが多い点も楽天銀行スーパーローンをお薦めする理由になります。

楽天銀行スーパーローンの最低返済額

楽天銀行スーパーローンの最低返済額を見て、どの程度効果があるのかイメージしてみましょう。
楽天銀行スーパーローンは利用残高によって、

10万円以内 2千円
10万円超~30万円以内 5千円
30万円超~50万円以内 1万円
50万円超~100万円以内 1万5千円
100万円超~150万円以内 2万円
150万円超~200万円以内 3万円
200万円超~250万円以内 3万5千円
250万円超~350万円以内 4万円
350万円超~400万円以内 4万5千円
400万円超~500万円以内 5万円
500万円超~600万円以内 6万円
600万円超~700万円以内 8万円
700万円超~800万円以内 10万円

と変わっていきます。
クレジットカードのリボ払いだと残高50万円ずつ3社あるだけで毎月の支払額は7.5万円位返済していかなければいけませんが、楽天スーパーローンなら毎月の返済額はたったの2万円まで抑えられます。

楽天銀行スーパーローンの金利

楽天銀行スーパーローンは最低返済額だけでなく金利も魅力です。
楽天銀行スーパーローンの金利は限度額によって決まり、

限度額800万円1.9%~4.5%
限度額 600万円以上800万円未満3.0%~7.8%
限度額 500万円以上600万円未満4.5%~7.8%
限度額 350万円以上500万円未満4.9%~8.9%
限度額 300万円以上350万円未満4.9%~12.5%
限度額 200万円以上300万円未満6.9%~14.5%
限度額 100万円以上200万円未満9.6%~14.5%
限度額 10万円以上100万円未満14.5%

になりますので、200万円の借入だと最大で9.6%まで金利が下がります。
金利を下げれば完済までの期間も短くなるでしょう。

楽天銀行スーパーローンを利用する注意点

楽天銀行スーパーローンを利用する場合、必ず注意してほしい事があります。
それは、楽天銀行スーパーローンの最低返済額は、返済が進めば進むほど返済額が軽くなる残高スライド方式になっている点です。

例えば150万円を借りて毎月2万円が銀行口座から引き落とされ、順調に返済が進み100万円以下になると翌月の引き落としが1.5万円へとスライドして少なくなるのです。50万円以下になれば更に1万円へと引き落とし額が少なくなります。

残高が減るごとに返済額が減ると、元本返済がいつまでたっても進まず余分な金利が発生し続けます。
楽天銀行スーパーローンを利用する時は、『引き落としに返済を任せておくのでなく、必ず繰り上げ返済を行う』事を肝に銘じておいてください。