金利ゼロ(利息ゼロ)実施のローン会社を全て紹介!おすすめなカードローンと借り方は?

金利ゼロ(利息ゼロ)でお金を借りることができれば、なんだか儲けたような気分になりますよね。
最近では顧客サービスの一環として、無利息期間サービスを提供してくれている会社も多くあります。
金利ゼロ(利息ゼロ)サービスを行っている会社を一挙紹介します。

金利ゼロ、無利息期間ローンの会社一覧

本題から入り、金利ゼロ(利息ゼロ)ローンを行っている会社の一覧を紹介しましょう。
金利ゼロ(利息ゼロ)サービスを行っている代表的な会社は以下のようになります。

プロミス 初回利用者に借入日の翌日から30日間無利息
アコム 初回利用者に契約日の翌日から30日間無利息
アイフル 初回申込者に限り、契約日の翌日から30日間無利息
レイクALSA 初回利用者に30日間、もしくは5万円まで180日間無利息
ノーローン 何度でも7日間。完済日の翌月以降に何度でも適用される
ベルーナノーティス 14日間。完済後、前回無利息適用の借入日から3ヶ月経過し再借入れの方
愛媛銀行
「ひめぎんクイックカードローン」
初回利用者に30日間無利息
北日本銀行
「スーパークイカ」
初回利用者30日間無利息
ジャパンネット銀行 初回利用者30日間無利息

大手、準大手の消費者金融では6社、銀行カードローンでは3社が金利ゼロ(利息ゼロ)ローンサービスを行っています。

ルールは大きく大別すると、
①一般的によくみられるサービス:初回利用者に対してだけ30日間の金利ゼロ(利息ゼロ)期間サービスをつける
②レイクアルサしかないサービス:初回利用者に対して、5万円分180日間の金利ゼロ(利息ゼロ)期間サービスをつける
③ノーローンしかないサービス:1週間の金利ゼロ(利息ゼロ)期間、完済後の翌月は再び1週間の無利息期間サービスが付く
④ベルーナノーティスしかないサービス:2週間の金利ゼロ(利息ゼロ)期間、前回の借入日から3か月経過し、再借入れを行っていると再び2週間の無利息期間
の4つにわける事が出来ます。

一番多くあるのが初回利用者に対して、30日間の金利ゼロ(利息ゼロ)を適用するサービスです。
逆にSMBCモビットの様に、金利ゼロ(利息ゼロ)のサービスを取り扱っていない消費者金融もあるので、申し込み前にどの様なルールになっているのかキチンと調べてから申し込みましょう。

金利ゼロ(利息ゼロ)ローンの効果を考える

無利息ローンですが、『計算すると効果がありそうだが、イマイチわからん』という方も多いかと思います。
『無利息ローンサービスがついている消費者金融』と、『無利息ローンサービスなしの金利のちょっと安い銀行カードローン』ではどちらが優れているのかわからないでしょう。
無利息ローンの効果について検証していきます。

一般的な金利ゼロ(利息ゼロ)ローンサービスの場合

一般的な無利息ローンサービスは、「初回利用者に対して30日間の無利息期間適用」になります。
30日では計算しにくいので、約1か月として総支払利息を計算して考えると、以下の表の結果が出てきます。

18%(無利息ローン付き)の利息総額 14.5%銀行カードローンの利息総額
1か月 0円 6,042円
2か月 7,500円 9,081円
3か月 11,278円 12,132円
4か月 15,074円 15,195円
5か月 18,890円 18,270円
6か月 22,723円 21,357円

と言った結果が出てきます。
上表の計算結果から、『約1か月 金利18% 金利ゼロ(利息ゼロ)ローン付きのカードローン』と、『金利14.5%のカードローン』を比べた場合、損益分岐点は4~5か月の間に発生するという事がわかるでしょう。

◆お金を借りたいけれども、3~4か月すればボーナス等収入があり完済できる
◆1か月以内で返せる見込み
◆一度借りて完済したらその後は借りる予定はない

と言う方は、金利14.5%の銀行カードローンより、金利ゼロ(利息ゼロ)ローンがついている消費者金融等の方が効果は高くなります。

レイクALSAの5万円 180日間無利息の場合

レイクALSAの5万円、初回利用者は180日間無利息期間が付くサービスも利用しやすいサービスです。
このサービスは『5万円までしか借りる事が出来ない』わけでは無く、『借入総額の5万円分は180日間無利息期間になると』いうサービスになっています。
例えば20万円を18%で借りた場合、20万円-5万円=15万円は金利18%がついて、コストが発生しますが、5万円については180日間無利息期間が適用されるわけです。

180日間(5万円は無利息)金利18%のレイクALSAと金利14.5%の無利息期間サービスなしの銀行カードローンの両方から借りるとして検証してみると、以下の結果が出てきます。

レイクALSA 銀行カードローン
10万円 2,657円 4,270円
20万円 7,972円 8,543円
25万円 10,630円 10,679円
30万円 13,288円 12,814円
40万円 18,603円 17,086円

6か月間、金利ゼロ(利息ゼロ)ローンのあるレイクアルサと、金利14.5%の銀行カードローンを比べた場合、25万円を少し超えたくらいが損益分岐点になりそうです。

6か月後に返せそうな見通しで、25万円以上お金を借りる必要が無い方はレイクアルサを選択したほうがコストダウン効果は高くなると覚えておきましょう。

ノーローンの1週間 完済後何度でも無利息の場合

完済した翌月以降なら何度でも1週間の無利息ローンが使えるノーローンは、レイクアルサと同じ新生銀行グループの一員であるものの、消費者金融の中では異質のサービスを提供しています。
例えば
①3月1日にノーローンで借りる
②月末の3月31日の他のカードローンから金利18%で全額借りて、ノーローンを完済(予め契約が必要)
③4月1日以降にノーローンで借りて、再び1週間の無利息ローンを受ける。金利18%のカードローンは完済

を繰り返せば実質金利を下げる事が理論上可能になります。

ノーローンも利息制限法ギリギリの18%の金利が設定されますが、一度完済をして再び1週間の無利息ローンを受ける事により、50万円を借りた時の利息総額は1日で計算したところ約7,644円→5,918円、月あたり1,726円コストダウンする事が可能です。
これは単純計算で実質金利が約14%の契約と同じ効果をもたらします。

ベルーナノーティス 2週間 完済後 借入開始日から3か月経てば何度でも無利息の場合

ベルーナ―ノーティスも『2週間の無利息ローン、完済後は借入開始日から3か月経っていたら再び無利息ローンの適用が受けられる』と言ったちょっと特殊な無利息ローンサービスをしています。

ただし、3か月に1回、2週間しか適用を受けられないなら3か月の間に3週間無利息期間を受けられるノーローンより効果は薄そうです。
しかしながらノーローンの相手先の金利ゼロ(利息ゼロ)ローン会社としては相性が良く、組み合わせる事により実質金利を大きく下げる事が可能でしょう。

検証の結果、無利息効果が高いのはノーローン!だが大きなデメリットが

各社の無利息ローンサービスを検証した結果、無利息サービスで最も効果が高いのはノーローンになります。
テレビCMを行っていないノーローン、どんな会社かわからない方も多いのではないでしょうか。
ノーローンについて解説します。

ノーローンってどんな会社?

ノーローンは新生パーソナルローン株式会社が運営する貸金業者です。
レイクアルサが運営元の新生フィナンシャルの子会社で実質的には新生銀行グループの一員になります。

ノーローンのデメリット

新生グループにはレイクアルサがありますが、ノーローンも同じ消費者金融業態です。
この同じグループに消費者金融が2つある事からか、新生銀行グループとしてはレイクアルサに力を入れていくとみられ、ノーローンには余り予算を注力していません。
そのため、ノーローンは他の大手消費者金融と比較し、審査通過率がかなり悪くなっているとされています。

ノーローンに向かない人

ノーローンの審査ハードルは高い為、
◆既に借入先がある人は審査に通過しない可能性がある
◆フリーターなど職業が不安定な人も審査落ちしやすい
◆若い世代などへの融資も積極的でない
と言われています。
これらの要因に該当する方は他のカードローンを検討した方がいいでしょう。
魅力的な無利息ローンサービスを行っていても、審査に通過しなければ使い道がありません。

金利ゼロ(利息ゼロ)でお勧めの会社を紹介!

何処のカードローン会社がいいのか、ノーローンを省いた金利ゼロ(利息ゼロ)でお勧めの会社を3社紹介します。

5万円まで180日間の金利ゼロ(利息ゼロ)ローンが選べるレイクアルサ

一番お勧めしたいのは新生銀行グループのレイクアルサです。
レイクアルサのおすすめ理由は、

◆30日間の無利息ローン、180日間の金利ゼロ(利息ゼロ)ローンが選択できる
◆スマホローンにも対応
◆振込み依頼の24時間対応銀行が他の消費者金融より圧倒的に多い

と言う点があげられます。
無利息ローンの選択が出来るのは、少額借入をしたい方にとっては便利なシステムです。
その他の細かいサービスもキチンと対応しており、使い勝手の良さもレイクアルサの魅力と言えるでしょう。

総合力が高いプロミス

続いてお薦めしたいのはプロミスです。
プロミスでは、

◆プロミスポイントサービスなどで、無利息期間の追加が可能
◆スマホサービスなど新しいサービスを積極的に導入する
◆公表されている審査通過率は高い

という点がお薦めしたい理由になります。
ポイントサービスで無利息期間を再適用すれば、他のカードローンよりお得に利用できるでしょう。
会社発表の審査通過率は他の消費者金融と同レベルか甘い水準で、若い方や派遣社員、フリーターなど雇用が安定的でない方でも積極的に融資する姿勢が見られます。
総合力で優れているのがプロミスの特徴と言えるでしょう。

審査面でハードルが低いといわれるアイフル

アイフルは大手消費者金融で唯一の銀行資本が入っていない消費者金融です。
アイフルをお薦めする理由として、

◆審査は大手の中で一番ゆるい
◆サービス面ではスマホローン対応など充実
◆高収入の方向けローン、目的ローンなど様々なサービスが提供されている

という事が挙げられます。
審査の通りやすさはアイフルの最大の魅力です。
ローンサービスが、おまとめローン、女性向けローンSuLaLi、不動産担保ローン、事業者向けローン、VIP層向けの金利の低いファーストプレミアムローンなど、多彩なサービスを提供しているところも強みでしょう。